DOCTOR

歯科医師

三木 雄斗

略歴
徳島県出身
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業後、新潟大学医歯学総合病院歯周科にて勤務。
その後、メディケア歯科クリニック小山にて勤務し、
2014年06月よりメディケア歯科クリニック新発田にて勤務開始。
資格
所属学会他


メタルフリー学会所属

はじめまして。メディケア歯科クリニック新発田の歯科医師 三木です。
私は両親が歯科医師では無く、また親戚にも歯科関係の仕事に就いている者はいなかったということもあり、『歯科医院』という空間が非常に嫌いでした。
歯科治療に対し、「痛い」「怖い」「何をされているのかよく分らない」というイメージを非常に強く持っており、痛みが出た時にのみ嫌々治療に行っていました。
日本歯科大学新潟歯学部に入学した後も、歯の治療をされることに強い恐怖感を持っており、治療の時にしか歯科医院に行かず、定期健診で通うことは絶対にしないタイプでした。
そして、私自身が治療する側に回った今、私が最も気を付けているのは上記の3つのイメージを患者さんに与えないようにすることです。
すなわち、
「痛み」を与えないように麻酔をしっかり効かせます。もし痛みが出ても我慢してもらうのではなく、さらに強力な麻酔法を行うなどして対応します。
「怖い」「何をされているのかよく分らない」という事を感じさせない為に、説明を十分に行い、考えられる全ての治療法を提示し、患者さんに選んでいただきます。
繰り返しになりますが、私の両親は歯科医師ではありません。しかし、だからこそ患者さんの気持ちを一番理解できる立場であると考えております。分らないこと、不安なことなどありましたらお気軽にご相談下さい。私に分ること・できることであれば全力でお答えします。
またメディケア歯科クリニックでは、お口の治療を全て終えられた患者さんに1~3ヶ月の定期的な健診をお勧めしております。そして、早期発見・早期治療を行うことで患者さんのお口の健康を維持していきたいと考えております。
10年・20年後にメディケア歯科クリニックに出会えて良かった・・・。そう思って頂けるよう常に勉強し、個々の患者さんに対し最善を尽くしますので、よろしくお願いします。

趣味)
スキーがしたいが為に、徳島から新潟に来るほどのスキー好きです

歯科医師

安達 詠子

略歴
日本歯科大学新潟歯学部卒業後、臨床研修医を修了し、同大学病院歯科保存専門研修医コースに在籍。その後開業医勤務。
資格
BLSヘルスプロバイダーコース修了認定
所属学会他
日本歯科保存学会

皆様初めまして。歯科医師の安達です。
私は歯科医師の父に憧れて歯科医師になる道を選びました。その道のりは決して平坦なものではありませんでした。
しかし、諦めずに頑張ったからこそ、今の自分があり、支えてくれた方々に心から感謝しています。長年の夢を叶えた今、私がやるべき事は、患者様の幸せと健康を一番に願い、ベストな治療を選択、行っていく事だと思っております。また、それと同時に、他の歯科医師にも認められる様な技術を身に付け、父の様な歯科医師になるために、努力しております。
私は、自分が治療を行って、患者様に喜んで頂けるこの職業にとてもやりがいを感じております。
ですから、もっともっと多くの患者様に笑顔を届け、幸せを感じて頂くために、技術を磨き、勉強を重ねております。
また、私事ではありますが、私は、痛みにとても弱く、注射をされるのがとても嫌いです。そのため、患者様の痛みの配慮には、とても敏感です。麻酔時にもかなりの配慮をさせて頂いております。歯科医院が怖い方、苦手な方は、どうぞ遠慮なくおっしゃって下さい。一緒に話し合いをし、ベストな治療法の選択をしていきましょう。
最後に。皆様の健康を心から願って。そのお手伝いをさせて頂くために、もっと多くの方々が、定期的に歯科医院に通って頂ければ、虫歯や歯周病の早期発見、早期治療が可能になり、より痛みのない治療がそして予防が可能になります。嫌みが出てからでは、病態がかなり進行してしまっているケースが多いのが現実です。
8020運動(80歳で20本の歯を残そう)という運動があります。
20本と言わず、皆様にもっと多くの歯を残し、いくつになっても美味しい食事を取り、心身共に健康で長生きをして頂きたいという願いを込めて。定期検診をお勧めします。

歯科医師

小菅 健裕

略歴
資格
所属学会他

はじめまして。メディケア新発田、歯科医師の小菅健裕と申します。
専門は口腔外科になりますので、おやしらずの抜歯の際には私が担当することになるかもしれません。
簡単に略歴を紹介致しますと、日本歯科大学新潟歯学部を卒業後は東京にある昭和大学歯科病院にて研修医として1年間、一般歯科治療を学んできました。
大学在学時から口腔外科には興味があったものの、自分の目指す歯科医師としての姿はあくまで歯科治療一般ができた上で、何か得意な分野を持つことだったからです。
研修医としての期間はとにかくむし歯の治療から入れ歯まで自分が一般の開業医になった時に何ができるかを念頭に置き診療を行ってきました。
1年間の研修を終え、新潟大学病院の口腔外科に入局。
それから4年間は口腔外科医として主におやしらずの抜歯、顎関節の治療を行っていきました。
その他にも大学病院でしか経験できないような大きな手術に助手として入り、麻酔科での研修、全身疾患のある患者様への対応、入院病棟での診療など本当に多くのことを学びました。
その後は村上にある一般開業医に勤め、主にご高齢の患者さんを中心に診療を行い、歯周治療、入れ歯の治療など研修医時代に培った技術を活かし仕事を行うことができました。
また2歳児検診、学校歯科検診を担当することにより地域に根付いた歯科医師として、自分のあり方を大学病院在籍時とはまた違った視点から見つめ直すことができました。
そして、御縁ありまして、このたびメディケア新発田に勤めることとなりました。
おやしらずは急に痛み出す人もいれば、気づかない内に腫れたりおさまったりを繰り返す人もいます。
ななめにはえている方、横にはえている方は、歯周病、むし歯にもとてもかかりやすい状態になります。
抜くのが怖くて今まで心配だった方もいらっしゃるかと思います。
当院では、むし歯の治療や歯石取りで来た患者さんへの治療は勿論、お口の中の状態やレントゲンを確認した上で必要であれば、おやしらずの抜歯を提案し安全な処置を行いますので、気になっている方はお気軽にご相談下さい。
新発田の皆さん、何卒よろしくお願い致します。

私達は、予防医療を通じて地域社会へ貢献します。